© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

ABOUT US

​未来は自分達の手で作る

  • Twitter Social Icon

 作業療法士(OT)は、米国では2018年の人気職業ランキングで12位の非常に人気の高い職業です。これは同じリハビリテーション専門職である、理学療法士(PT)や言語聴覚士(ST)だけでなく看護師等より上位になります。その背景には、年収の中央値が7万2000$(日本円で約780万円)を上回るということも当然あると思いますが、何よりも作業療法士そして「作業療法」というものの専門性が周知され必要とされているからでしょう。

 ただ残念ながら、日本ではそのような段階にはなく、まだまだ作業療法士や作業療法というものの、専門性が周知されておらず、日頃我々が作業療法を説明をしても、なかなか理解して頂けない状況が続いているのではないでしょうか。この状況を打破していくには、我々作業療法士が「作業療法とは何か」、「作業とは何か」という根底をもう一度再考し、身体に染み込ませる必要があるのではないでしょうか。そのためには、作業療法を変える科学、そして作業とは何かといった原理を導出する哲学の両輪が必須となります。この両輪を回していくことは、今の我々だけでなく未来の作業療法士への轍を作ることになると、僕は信じています。そして、その轍を作る一歩は、特別な状況から生まれるのではなく、日頃の臨床から始まるのではないでしょうか。この学会がその一歩を踏み出すための一助となれば、これ以上の幸せはありません。では、6月の会場でお会いしましょう。(学会長 古桧山建吾)